化粧品許可 化粧品許可申請 大阪化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

化粧品とは、薬事法にて下記のように定義されています。

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの」(薬事法第2条第3項)

上記の定義に該当しない場合や、下記の化粧品の効能の範囲をこえるものは、医薬品又は医薬部外品に該当する場合がありますので注意が必要です。

化粧品の効能の範囲  
(「化粧品の効能の範囲の改正について」 平成12年12月28日 医薬発第1339号 )

1

頭皮、毛髪を清浄にする。

29

肌を柔らげる。

2

香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える。

30

肌にはりを与える。

3

頭皮、毛髪をすこやかに保つ。

31

肌にツヤを与える。

4

毛髪にはり、こしを与える。

32

肌を滑らかにする。

5

頭皮、毛髪にうるおいを与える。

33

ひげを剃りやすくする。

6

頭皮、毛髪のうるおいを保つ。

34

ひげそり後の肌を整える。

7

毛髪をしなやかにする。

35

あせもを防ぐ(打粉)。

8

クシどおりをよくする。

36

日やけを防ぐ。

9

毛髪のつやを保つ。

37

日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ。

10

毛髪につやを与える。

38

芳香を与える。

11

フケ、カユミがとれる。

39

爪を保護する。

12

フケ、カユミを抑える。

40

爪をすこやかに保つ。

13

毛髪の水分、油分を補い保つ。

41

爪にうるおいを与える。

14

裂毛、切毛、枝毛を防ぐ。

42

口唇の荒れを防ぐ。

15

髪型を整え、保持する。

43

口唇のキメを整える。

16

毛髪の帯電を防止する。

44

口唇にうるおいを与える。

17

(汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする。

45

口唇をすこやかにする。

18

(洗浄により)ニキビ、アセモを防ぐ(洗顔料)。

46

口唇を保護する。口唇の乾燥を防ぐ。

19

肌を整える。

47

口唇の乾燥によるカサツキを防ぐ。

20

肌のキメを整える。

48

口唇を滑らかにする。

21

皮膚をすこやかに保つ。

49

ムシ歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

22

肌荒れを防ぐ。

50

歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

23

肌をひきしめる。

51

歯垢を除去する(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

24

皮膚にうるおいを与える。

52

口中を浄化する(歯みがき類)。

25

皮膚の水分、油分を補い保つ。

53

口臭を防ぐ(歯みがき類)。

26

皮膚の柔軟性を保つ。

54

歯のやにを取る(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

27

皮膚を保護する。

55

歯石の沈着を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。

28

皮膚の乾燥を防ぐ。



※薬事法では化粧品として使用できる効能も上記の範囲に限られています。
なので、若返りなどの意味で使用される「アンチエイジング」や「ダイエット」等薬事法で認められている化粧品の効能を超えた表現は使用できません。

化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

化粧品を製造したり、自社製品として流通させることは自由に行うことはできません。必ず管轄の官公庁にて許認可を取得しておく必要があります。

下記の表にて、化粧品を取扱うにあたってどのような許認可を取得しなければならないかを簡単に分けてみました。

取扱う業務

必要な許認可

自社で製造または輸入をし、自社の製品として市場へ出荷を行う場合

化粧品製造販売業

化粧品製造業

自社の製品として市場へ出荷をするが、化粧品製造業許可を有する他社に製造または輸入を委託する場合。

化粧品製造販売業

自社が製造または輸入を行うが、化粧品製造販売業許可を有する他社が市場への出荷を行う場合

化粧品製造業

化粧品許可 化粧品許可申請 大阪