化粧品許可 化粧品許可申請 大阪化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪 化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


化粧品許可 化粧品許可申請 大阪
化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

製造販売業許可を取得し、製造販売業者が化粧品を販売するにあたり、必要な届出があります。この届出を行わない限り販売することができません。

日本国内の工場で化粧品を製造し、販売する場合

化粧品製造販売届書

海外の工場で製造された化粧品を輸入し、
販売する場合

化粧品製造販売届書

外国製造販売業者・外国製造業者届書

製造販売用化粧品輸入届書

化粧品を製造販売(輸入販売)するときは、あらかじめ品目ごとに製造販売届を提出する必要があります。

各届出書の提出先は下記になります。

化粧品製造販売届書 → 主たる機能を有する事務所の所在地の各都道府県薬務主管課

外国製造販売業者・外国製造業者届書 → 独立行政法人医薬品医療機器総合機構を経由
                            して厚生労働大臣

製造販売用化粧品輸入届書 → 関東信越厚生局又は近畿厚生局

化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

当社では、製造販売業許可取得後の化粧品製造販売届書、外国製造販売業者・外国製造業者届書、製造販売用化粧品輸入届書の作成及び提出を代行しております。

化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

製造販売業者は、製造販売業許可取得後、化粧品の製造販売を開始する前に、製品ごとに必ず製造販売届書等の提出をする必要があります。

許可はあくまでも業者に与えられるものであり、どのような化粧品を販売するかは許可にはあまり影響がありません。

しかし、許可後は今後どのような化粧品を製造販売していくかが重要であり、都道府県なども製品が薬事法の定める目的・効能に合致しているか、成分に問題がないかを確認する必要があるからです。

この製造販売届書のポイントは、ひとつの製品ごとに届出が必要ということ。また、化粧品を輸入する場合は、化粧品外国届書・輸入届書という手続きも必要となります。

化粧品許可 化粧品許可申請 大阪

製造販売届書には、製造販売しようとする化粧品に関して下記の項目を記載し提出しなければなりません。また提出は製造販売業許可所在地の都道府県となります。

@ 製造販売業の許可の種類

A 製造販売業の許可番号及び年月日

B 一般的名称・販売名

C 成分及び分量又は本質

D 製造方法

E 用法及び用量

F 効能又は効果

G 貯蔵方法及び有効期間

H 規格及び試験方法

I 製造販売する品目の製造所

J 原薬の製造所

化粧品許可